2017年02月16日

世界を祝福する音

s-20170216140633013.jpg

蜜蜂と遠雷。恩田陸。


すごくいい。

とてもいい。


posted by Taro@LAB at 14:09| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

ニホンミツバチ養蜂の入門書

ニホンミツバチを始めたい人におすすめの本はありますか、という問いをいくつかいただいた。
手元にある本の中から初心者むけのものを何冊かピックアップしてみた。
以下、発行年順で、独断的コメントを添えました。


ニホンミツバチの飼育法と生態」 アカデミック度☆
吉田忠晴 著/玉川大学出版部 2000年1月15日初版 135p ¥2000
玉川大学のミツバチ科学研究センターの教授だった吉田先生が書かれた本。
ニホンミツバチの生態、養蜂の歴史、飼育まで科学的視点から書かれた、非常に充実した本で、たいへんお世話になった。
縦長の巣枠を用いたAY式巣箱の詳細が記されている。


我が家にミツバチがやって来た」 現場発のアイデア満載
 久志冨士男 著/高文研 2010年3月15日初版 206p ¥2000
ニホンミツバチを長年飼育した経験に基づく独自の理論と実践が満載。
重箱式巣箱の設計図あり。


だれでも飼える日本ミツバチ」 アフターケアもばっちり?
 藤原誠太 著/農文協 2010年5月30日初版 143p ¥1700
日本在来種みつばちの会の会長である藤原さんが開発された巣枠式での飼育法の紹介。
セイヨウミツバチの巣枠の半分のサイズの巣枠を使い、それをおさめた巣箱をいくつか縦に積んで飼育する方法。
ここで紹介された巣箱や巣枠も市販されているので、工作無しで始められる。


これならできる!ニホンミツバチの週末養蜂」 飼い始めた人の疑問にも答える一冊
坂本文夫 監修/京都ニホンミツバチ週末養蜂の会 2012年4月5日 172p DVD付き ¥4600
重箱式巣箱の作り方や、キンリョウヘンの育て方なども記載されている。
それぞれの内容についての映像がDVDに収録されているので、イメージしやすい。
ウェブサイトにQ&Aコーナーもあり、いろんな疑問に答えてくれる。


飼うぞ殖やすぞミツバチ」 とりあえずのこの一冊
 現代農業 特選シリーズ8/農文協 2014年9月25日 64p DVD付き ¥1800
現代農業に連載されていたのを再編集したもの。
いろんなタイプの巣箱が紹介されていて、キンリョウヘンの育て方もある。
DVDだけでなく、絵や写真が豊富で、初心者が手に取りやすく全体像を理解しやすそう。


他におすすめの本があればぜひ教えて下さい。
それぞれの本に対するご意見もぜひ!


posted by Taro@LAB at 20:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

野生ミツバチとの遊び方

トーマスシーリー著、原題「Following the wild bees」邦題「野生ミツバチとの遊び方」を読んだ。

面白い!

ヘボ追いは少しやったことあるけど、ミツバチでもやりたくなった。
野生群の分布とか調べたいなあ。


若かりしころの中村先生の写真も発見。


  • 20160919104913695.jpg
posted by Taro@LAB at 10:58| Comment(9) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

「僕の日本みつばち飼育記」

s-KIMG0358.jpg

できたての本を完読。
実践にもとづくアイデアが満載。
こういう、形にするってことは大変だけど、大切なことだよなあ。





posted by Taro@LAB at 11:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

実践編

電車で移動中の時間を利用して、以前紹介した「統計学が最強の学問である」の続編となる「実践編」を読んでみる。
  • 20160811133321912.jpg
posted by Taro@LAB at 13:34| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする