2015年10月01日

メントール使用における注意点

メントールを使用した際、メントールが液状化してミツバチが大量に死亡する、という事例が2件あったことがわかった。
当初は水分を吸って溶けたのではないかという話も聞いたのだが、メントール結晶は水には溶けない。
アルコールやオイルには溶解するのだが、巣箱内で起こるとは考えにくい。

考えられるのは高温による溶解だ。
メントールの融点は40-45℃で、実際42℃ぐらいにすると液体になってくる。
実際、メントール液状化とミツバチ大量死の状況を詳しく聞くと、高温状態にあったらしい。

室内で巣箱そのものを用いた試験を行うと、メントール濃度が高いとミツバチの死亡が起こり、死亡したミツバチが巣門を塞ぐと、大量死が一気に進む。

これらの状況を元に考えると、以下のようなストーリーが浮かび上がってくる。
1.メントール結晶が高温(42℃以上)で溶解し、液体化したメントールと高濃度のメントールガスでミツバチが死亡。
2.死亡したミツバチが巣箱内に堆積し、巣門を封鎖。
3.密閉状態になった巣箱内の温度が急上昇。
4.高温により、メントールの液体化と揮発がさらに加速。
5.熱殺と、高濃度メントールで、ミツバチの死亡が加速。

この過程は、まだ推論の域を出ない仮説であるが、すでに多くの方にメントール使用を勧めており、事故防止の対策が必要だ。

考えられる対策としては、
1.巣箱が高温にならないようにする(40℃以下)。
2.夏はメントール量を減らす、あるいは入れない。
3.送風機は冬期のみ使用する。
4.強群は特に注意。

巣箱内の温度をモニタリングしたことがあるが、直射日光があたる巣箱では、フタのすぐ下は50℃を超える。
日除けなどで巣箱を冷涼に保つことは、巣落ち防止という意味でも重要であろう。

posted by Taro@LAB at 09:22| Comment(23) | アカリンダニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてコメントさせて頂きます。

実は昨日、京都で行われた「ニホンミツバチ養蜂研究会」で「サンプルはどこへ送れば良いですか?」と質問させて頂いた者ですが、「アカリンダニ」で検索して、ここに辿り着くことができました。

実は今シーズン、4群居た日本蜜蜂群が全て夏の始めに逃去したのですが、アカリンダニの特徴である徘徊やKウイングが見られなかったのでアカリンダニが原因ではないと判断してたのですが、今年は捕獲場所(京都の自宅付近)に飛んで来る探索蜂が例年と比べて異様に少なかったので、ひょっとすると自宅付近の自然群がアカリンダニに侵されてるのかも知れないと考えております。

現在は全ての群を失ったのですが、来シーズンまた頑張って捕獲しますので、その時にはアカリンダニの検査をお願いしても良かったでしょうか?

Posted by masaX at 2015年10月05日 12:41
masaXさま
コメントありがとうございます。
来年も引き続きアカリンダニ研究を続けていきますので、また蜂群を確保されましたら送って下さい。よろしくお願いします。
Posted by TARO@Lab at 2015年10月05日 20:48
ありがとうございます。

来春、また捕獲できたら連絡させて頂きますので
よろしくお願い致します。
Posted by masaX at 2015年10月05日 22:36


メントール使用とアカリンダニ研究について、疑問がありますので、お尋ねします。
農業関係の方は、ダニへの薬剤処理では完全には除去、根絶できないとよく言われま
す。メントール使用で、処理できず残ったダニでかえって、飼育された群により、ダニ
が拡散することになるのではないですか。100パーセントの根絶を目指すのであれば、
未感染群の確保と同時に、感染した群を根絶やしするのが、適切な対策と思います。
 さらに、輸入や国内移動などでの感染経路に対する検討や対策が話し合われていない
ようです。これからも海外から侵入する可能性は残っております。対策と結果が先送り
になるアカリンダニの生態研究だけでは、現状を解決できないと考えます。お考えをご
教示ください。
 ダニ学栄えて、蜜蜂滅ぶにならぬよう、記しておきます。
Posted by 通行人 at 2015年10月09日 16:36
通行人さま
コメントありがとうございます。
まず、メントールの効果ですが、コロニーレベル(群単位)でアカリンダニを0にすることは可能です。とはいえ、すべての群が完治するわけではないので、ご指摘のようにそこから拡散する危険性はあります。
 ただ、感染群を焼却などによって廃棄する有効性は、その地域にどれぐらいアカリンダニが入っているかによって変わってくると思います。極端な例えですと、その地域に初めて入ったアカリンダニ寄生群である場合は即刻焼却処理することは有効です。しかし、その地域の他の群、特に野生群の多くがすでにアカリンダニに寄生されてしまっている場合、飼育群の一部を処分しても、その地域のアカリンダニを根絶することは難しいのではないでしょうか。
 では、なんのためのメントールかということになりますが、ニホンミツバチを飼育されている方は自分のミツバチを健康にしたいと思われるでしょうし、少なくとも自分の飼育群がアカリンダニ拡散の源にならないようにするという意味でも有効かと思います。
 ミツバチの輸入については、アカリンダニのいない国からしか輸入されていないはずなので、新たに入ってくる可能性は低いと思います。国内の人為的拡散については、法的なしばりがない現状では自主規制していただくのが最も有効かつ迅速だと思います。そのために、アカリンダニの現状を多くの方に知っていただく努力を続けているところです。また、感染経路については、できるだけ早く明らかにするよう研究を進めております。
Posted by TARO@Lab at 2015年10月10日 15:41
御返事ありがとうございます。
養蜂に関わっている者として、残念ですが、説得力の無い、物足らないご説明と受け取
りました。Taro様の説明では、以前、名古屋大学に職歴のあった前任大学院教授 門脇
氏の説明範囲内と理解しました。先手を打つ提案がありません。

「ミツバチの輸入については、アカリンダニのいない国からしか輸入されていないはずなので、
新たに入ってくる可能性は低いと思います。」は間違いです。

判りやすい例では、チリは、ミツバチヘギイタダニやアカリンダニの発生、汚染国です
が、セイヨウミツバチの輸入は現在可能です。未だ輸入記録はありません。
ヨーロッバでは、スロベニア(以前のユーゴスラビア連邦)が、ミツバチヘギイタダニや
アカリンダニの発生、汚染国です。OIEでご確認ください。現在も、カーニオラン種が
確か20年ほど継続して輸入がされて、毎年、山間部の小規模養蜂家向けに利用されているは
ずです。衛生管理の詳細は、当事者ではないため、存じません。

セイヨウミツバチでは、過去20-30年の間を見ると、検疫をすり抜けた病害虫が大きな
被害を引き起こしていることは、日本も含め、数多くの国で起こっています。
このアカリンダニ問題も、残念ながらおざなりであったセイヨウミツバチ業者とミツバ
チ研究者などから引き起こされたことと思われます。過去に日本の動物検疫所で、水際
対策によるアカリンダニの検査が実施されたことはありません。

その経緯で、長年、下記のような国々から輸入され、今も継続されているセイヨウミツバチの輸入などから起
因して、今回のような在来種トウヨウミツバチ(以下、二ホンミツバチ)に大きな危機
が迫っていると認識しています。後追いの研究などは手遅れになります。一刻も早く、
各県の家畜衛生保健所などと一体となって、養蜂家自身が対応しなければなりません。

Taro様は、予算を獲って、プロとして研究してされているのならば、先手を打つ提案を
期待します。
 
ちなみに、「飼育群の一部を処分しても、その地域のアカリンダニを根絶することは難
しいのではないでしょうか。」とお書きですが、2015年06月02日の記事には、メントー
ルを
「本州のニホンミツバチすべての群に、一年を通してメントールを処理する」とあります。
メントールを確実に、すべての二ホンミツバチ群に対して、投与、処理することは、
処分する以上に、難しいと思います。

二ホンミツバチは日本人が、古来1000年余も関わってきた有用昆虫、大切な生物資源です。
ダニ学栄えて、蜜蜂滅ぶにならぬように、注意しなければなりません。

 記
Posted by 通行人 at 2015年05月31日 12:04
海外から、アカリンダニが侵入したとすれば、過去のアカリンダニ汚染国から輸入実績
は、ロシア、カナダ、アメリカ、スイス、ユーゴスラビアなど、最近はスロベニアか
ら、カーニオラン種が継続的に輸入されています。ちなみに、台湾もアカリンダニ汚染
国のひとつです。以下、省略  
ttp://beekeeper.seesaa.net/article/408426738.html
Posted by 通行人 at 2015年10月10日 19:18
通行人さん、屁理屈をたれている場合ではありません。もっともらしいことを言っているようですが、貴殿のコメントは、現状を理解してのご意見とは思えません。先手がどうのこうのと行っておられますが、アカリンダニの広がりは、そのレベルをはるかに超えてしまっているのです。知ったかぶりをして、屁理屈をこねる暇があったら、感染消滅をできるだけ少なくする努力を、養蜂に関わっている者としてはすべきと考えます。通行人さんが、現状を理解したつもりになって、的外れなコメントをされないよう望みます。物足りないなどと、偉そうなことは言わない方が身の為かと。
Posted by 888@24宮城 at 2015年10月10日 21:53
アカリンダニに感染した群が必ず全滅する訳でもないし、前田さんのメントールの使用の仕方がすべて正しい訳でもない。群がダメになる理由がアカリンダニと分かっているものは問題でないと思います。
Posted by 信州 at 2015年10月10日 23:58
信州さん

>アカリンダニに感染した群が必ず全滅する訳で もないし
とありますが、確かなデータと検証に基づいた見解でしょうか?私のところでは、アカリンダニ感染群は全て消滅しています。全滅しない群もあるというデータがあるのであれば、是非、示していただきたいと思います。ただし、「想像」や「聞いた話」というのであれば、何の価値もありませんが。
Posted by 888@24宮城 at 2015年10月11日 16:26
前田さんのコメントにもありましたが、感染%にもよりますし、メントール、ギ酸など治療法もあります。私の経験では、徘徊蜂が出てきても治療すれば翌年分蜂しましたし今も健在です。メントールの量、入れる期間などは前田さんとは違いますが自分で色々と考え工夫して成功すると嬉しいものですね。確かなデータ検証ではありません、すみません、ただの私の経験です。
Posted by 信州 at 2015年10月11日 21:21
信州さん 分かりました。「必ず全滅する訳でもないし」というのは、治療を施しての話ですね。
前の投稿では、「感染して、何もしなくても、全滅しない群も居る」というふうに解釈しました。初めにそれがわかっていれば、特に疑問はなく、ご自身の実戦経験でのことですので、十分説得力があると思います。できれば、治療開始時期やメントール投与の量と期間をお教えいただければ幸いです。
Posted by 888@24宮城 at 2015年10月11日 22:27
通行人様、信州様、888@宮城様

コメントありがとうございます。

ミツバチの輸入と検疫について不勉強でした。もう少し勉強していきたいと思います。

アカリンダニ問題は、我々研究に携わるものだけで解決できるものではありません。
全国の飼養者のみなさんの経験と試行錯誤された結果をオープンに共有し、科学的視点で考えていくことが必要であると考えております。
そのために、微力ながらもお力になれれば幸いです。
後手に回っている感があるのは承知しておりますが、科学的なデータは必ず大きな力になると信じて、一歩でも前へ進んでいけるよう研究を続けていくしかありません。
いずれ心穏やかにニホンミツバチを愛でられる日が来ると信じて、今後ともご協力いただけますようよろしくお願いします。
Posted by TARO@Lab at 2015年10月13日 13:50

TARO@Lab  様

全国の飼養者から集められた情報を、有効に活用する科学的なデータ蓄積は、今後、ニ
ホンミツバチと対じすることもあるセイヨウミツバチ業界との関わりのためにも、必要で
す。
まずはご自身で監視伝染病の発生状況の報告から、率先して対応をしていただくよ
うに、お願いします。
特に、長崎県のアカリンダニ発生について、長崎県当局や農林水産省消費安全局の動物
衛生課が取りまとめている監視伝染病の発生状況に、未だ報告がありません。
TARO@Lab様は時折、この資料を利用されていると 承知しています。

TARO@Lab様が、長崎県で調査して、見つけたとおっしゃるアカリンダニは、ミツバチの疾病
として、基本的に獣医師の取り扱う範囲です。届け出伝染病に指定されており、見つけた
つけた場合、報告するように、家畜伝染病予防法で定められています。資料を利用する
だけでなく、法律に基づく対応をお願いします。

香川県における発生の知見は、すでにネット上で公開されています。共に報告をお願いします。

このことは同時に、科学的なデータを蓄積し、科学的視点で考えていくことの第一歩と
お考え下さい。


これらの情報により、家畜衛生保健所の指導を、各地方の養蜂家が受けることができま
す。養蜂家側がきちんと、対応を求めれば、自ずとアカリンダニの検査も対応してくれ
るはずです。

最近、環境研の研究課題に盛り込まれたミツバチのダニ調査計画の中に、OIEデータを見
見ず、過大見積りの無駄と思われる手抜かりの計画があったり、以前の書き込みのよう
に、国内でCCDが、ノゼマ病により、引き起こされるかもしれないと唱えた畜草研や大
学の研究者たちが見つけたノゼマ病を、監視伝染病の発生状況に約6年間にわたり、報
告していなかったりする現状もあります。このようなことの無いように、お願いしま
す。

TARO@Lab様がレポート作成や論文資料や予算獲得などのために、行政側と情報面などで住
住み分けすることなど無いように願っております。

このような事と共に、TARO@Lab様の調査結果などが、ミツバチ飼育者または養蜂家の実
業に、速やかに反映されることを期待しています。




以上
Posted by 通行人 at 2015年10月13日 21:58
 研究者と全国の養蜂家、家畜保健衛生所(都道府県)及び国で、アカリンダニの発生情報を共有することは、疾病の発生予防やまん延防止を進める上で不可欠であると考えられます。
 農林水産省担当部署とも協議し、以下の方針でアカリンダニについての発生情報を共有することになりました。
 ぜひご協力お願いします。


1.アカリンダニの寄生が確認されたら、所有者の方に結果をお知らせいたします。
 所有者の方は寄生が確認された上で、検査対象蜂群に症状が見られる場合は家畜保健衛生所への連絡をお願いいたします。

2.アカリンダニが初発見となる地域については、こちらから担当家保に連絡いたします。
 (氏名、住所等の個人情報は公表される訳ではありませんので、ご協力下さい。)

3.家畜保健衛生所による確認などを経て、発生状況は県別にまとめられ、国の監視伝染病の発生状況として公表されます。
 (こちらについても氏名、住所等の個人情報は公表されません。)
Posted by TARO@Lab at 2015年10月19日 14:09
日本みつばちは家畜ですか?アカリンダニはメントールで予防できるのであまりおおげさにしないでほしいです、飼い方がいろいろなので使用方法は個人で決めればいい、科学的データとは飼って居る人の経験のことですか、アカリンダニよりCCD対策を研究してほしい。
Posted by 信州 at 2015年10月21日 00:27
信州さま
コメントありがとうございます。

法的なことはともかく、起こっていることを記録に残し、共有していくことはとても大切だと思っています。
そのためのシステムとして、すでにある家畜保健衛生所から農水省へのデータ集約の流れは最大限活用すべきかなと思う次第です。

メントールの使用方法などはもちろんそれぞれの方がそれぞれのやり方でいいと思います。
ただ、こうすればうまく行った、これはダメだった、という試行錯誤の情報を共有することで、より良い方法が生まれてくればいいなと思います。

飼育されている中で得られる経験は、たくさん集まれば素晴らしい科学的データになると思いますし、貴重なヒントがたくさん隠れている宝だと思います。

いろいろな研究が必要だと思いますが、現在のニホンミツバチの現状を見ると、アカリンダニ研究はとても重要だと考えています。
何年か先、アカリンダニのことなど考えずに安心してミツバチが飼える日が来るといいなあ、というのが今の研究を始めたきっかけであり、モチベーションでもあります。
Posted by Taro@LAB at 2015年10月23日 03:04
ダハハ〜(^^ゞ
 岡山家畜保健所から「検査の結果10頭中8頭にアカリンダニが確認されたので報告します。」と連絡が有りました〜(^^ゞ
 あまり嬉しくはありませんがオイラが岡山の最初の報告みたいですね〜((+_+))

 セイヨウミツバチのアカリンダニ症はニホンミツバチの全群消滅と言うような大被害にはならないようで、1〜2割程度以内の軽い被害なのでセイヨウ養蜂家は気づき難いようです〜(-_-;ウーン
Posted by スロー人 at 2015年10月25日 07:21
はじめまして 日本蜜蜂が昨年冬を越せずに死んでしまいました 今年の4月から 蜂10軍にメントールを与えて見ました その結果現在まで様子を見ましたが 10群が昨年と違ってメントールを与えたのが良かったせいか大変元気です
Posted by タロウ at 2015年10月25日 20:45
スロー人さま
岡山家畜保健所から連絡いただきました。ありがとうございます!
私も茨城県の初報告で、なんとも複雑な心境でした。
セイヨウミツバチでも症状は出てるんですね。
なんとかサンプルを見つけたいものです。

タロウさま
メントールの効果だといいですね。
これから寒くなりますが、来春まで無事に越冬してくれますように(祈)。
ミツバチ頑張れ!
Posted by TARO@Lab at 2015年10月26日 11:23
Posted by TAROさま
有難うございます 来春3月まで蜜蜂が残るようでしたら 又 ご連絡いたします 現在はとにかく元気に飛び回っています
Posted by at 2015年10月26日 13:16
タロウです
今日は 我が家のビワの木の花に沢山のミツ蜂が集まっています 大変元気なのでメールしてしまいました
Posted by at 2015年10月29日 13:00
皆様のコメントを拝読致しております。
私の蜂群も2016年12月にアカリンダニに感染しました。
天気の良い日に巣門の横に蜂の塊が出来、その中からポトリ、ポトリと飛べない蜂が落ち俳諧しました、毎日毎日100匹近くが死に、ほうきと塵取りでゴミ箱に捨てておりました、それも若い蜂ばかりです。
当初は何が何だか訳が分からず、ネットでアカリンダニの事を知り前田様に検査をお願い致しました。
その結果90%感染とご報告いただき、家畜保健衛生所に報告するようにとの事で、早速、連絡しました。
前田様のお話しでは、その群は3週間位で消滅するのではとの事でしが、私がある事を施しました所今現在は元と同じ強群に復活しました。
アカリンダニは強群程感染する確率が高い様ですし、冬場に消滅する様です。
どうして復活出来たのか検証します。




Posted by 名無しの蜂飼い at 2017年05月03日 18:15
名無しの蜂飼いさま
コメントありがとうございます。
復活の秘密、気になりますね。
ぜひ良い報告をお待ちしております。
Posted by Taro@LAB at 2017年05月03日 19:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: