2013年08月16日

逃去の現場

定期調査で向かったUさん宅。

サンプリングしようと巣箱に向かうと、蜂がいない。
Uさんによると、つい2時間前にはいたらしい。
逃去だ。

まだ近くに蜂球を作っているかもしれないと思い、捜索すると・・・・
数メートル離れた植え込みの中に発見。

取り込みを開始するが、1度は失敗して他の場所に再び蜂球ができる。
もう一度挑戦して、なんとかおさまったかなと思ってたら、近くの地面に数匹の蜂が固まっている。
もしやと思って確認すると、やはり女王がこんなところに取り残されている。
あわてて女王確保し、巣箱に投入。
危なかった。
前に分蜂群取り込みの時に経験したことが(過去記事参照)、生かされた。
良かったよかった。

同じ場所に置いてるセイヨウは順調のようだ。
s-P7100008.jpg
posted by Taro@LAB at 00:00| Comment(0) | ニホンミツバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

夏分蜂2

朝からセイヨウミツバチの飛び方がおかしいな、と思ってたら、分蜂だ!
分蜂前に女王を確保できないかと思い、慌てて巣箱を開けてみたけど、時はすでに遅し。
流れ出る蜂は抑えられず、ただただ眺めるのみ。

2週間ほど前、蜂球ができていたケヤキにまた固まる。
前回と状況が酷似している。
この前のもうちの蜂だったのかもしれない・・・・。
王台を見落としてたのか?

今回は、前回の内検以降、暑さにかまけてさぼっていたから、自業自得だな。
とりあえず、近くの樹の根元に空の巣箱を置いて、入居してくれないかと誘ってみるが空振りに終わる。
s-P7300065.jpg
posted by Taro@LAB at 10:22| Comment(0) | セイヨウミツバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする