2012年08月30日

ミントの花


s-DVC00012.jpg
通勤途中に、ミツバチがブンブン飛んでるのを発見。
道ばたのミントの花に、たくさんのセイヨウミツバチが訪花していた。
これはたぶんペパーミントかな?
もうすぐ夏も終わり、いろんな花が咲くといいなあ。
posted by Taro@LAB at 09:44| Comment(0) | セイヨウミツバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

夏の採蜜

洋蜂No.4から採蜜した。

s-P1040439.jpg
1/3ぐらいは蜜蓋がかかっている状態。

s-P1040932.jpg
10枚から遠心機で集めて、蜜口からトロリ、と。


s-P1040934.jpg
スープ濾しで巣のカスなどを除去して、タンクへ。
このタンクは、ホームセンターで買ったプラスチック密閉容器に50mmの穴を開けて、熊谷養蜂で買った蜜口(プラスチック)イタリア製を取り付けたもの。


s-P1040940.jpg
とれた蜜は褐色が濃く、赤みがかった色だった。
太陽の光を透かすと赤くてきれい。
全部で11kgの収穫となった。


s-P1040937.jpg
切り落とした蜜蓋や、遠心機をかけた後の巣板は、外に置いて残り蜜をミツバチに返してやった。
蜂場にはニホンミツバチの巣もあるのに、ここに来てるのはセイヨウミツバチばっかりだった。

posted by Taro@LAB at 16:48| Comment(0) | セイヨウミツバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

ヒマワリ大輪開花

s-IMG_0915.jpg

予定では9月5日頃咲くだろうと思っていたヒマワリ大輪が早くも咲いた。
サマーサンリッチなんかにはあまりミツバチが訪花してなかったのだが、やはり花粉も蜜も出る普通のヒマワリにはミツバチがしっかり訪花して花粉団子も両足にでっかいのがついている。
これで少しは残暑の蜜源として役に立つかな?
posted by Taro@LAB at 16:07| Comment(0) | セイヨウミツバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

セイヨウミツバチのスズメバチ対策

ニホンミツバチに続き、セイヨウミツバチにもスズメバチ対策の捕獲器をとりつけた。


s-P1040436.jpg
洋蜂No.2には、市販のスズメバチ捕獲器(熊谷養蜂製)。



s-P1040434.jpg
洋蜂No.4には、自作のスズメバチ捕獲器。
ベニヤと金網で作ったあまり見栄えのしないものだが、これが結構成績が良い。
去年はたくさんスズメバチがとれた。

巣門前に突然巨大な建造物があらわれ、蜂はどこから巣箱に入っていいかわからず、しばらく大混乱状態だったが、1時間もすると落ち着いたようだ。


後は粘着シートを設置すればいいかな。


posted by Taro@LAB at 09:18| Comment(0) | セイヨウミツバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

エンジュの花

蜜枯れが懸念される夏シーズンだが、うちの近所の街路樹が7月後半から次々と開花している。
真夏の希少な蜜源なのかもしれないと思い、図鑑で調べるとエンジュだった。

s-P1040431.jpg


花はマメ科らしい形だが、「蜂からみた花の世界」によると、”花の構造上ミツバチには利用しにくい”とある。
s-P1040430.jpg


しかし、エンジュ蜂蜜が ハニーバイブルにも紹介されてるし、ネットで検索すると販売もされている。
この木には、やたらとアブラムシが多いので、甘露を集めている可能性もあるなあ。
早朝なら訪花してるかも、と思って5時頃見に行ったが確認できず。
もうシーズンが終わりだからか?
来年再確認だな。



posted by Taro@LAB at 09:18| Comment(0) | ニホンミツバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする